入口 > 空想世界 - ダークサイド > 永誓

永誓

涼春との別れの挨拶を終えた、その夜。
暗闇の中、ベッドに秋良を寝かせたユサは、背のない椅子に腰かけている。

「いよいよ。明日、ですね……」
返事がないことを承知で、ユサは独り言を言った。
自分に言い聞かせるためだったそれは、闇に消え去ってしまうはずだったが、一拍間が空いたのちに、返事があった。

「ああ……。彼との別れは…、もう、済ませたよ」

そう、最後の瞬間までを飲み干し余韻さえ堪能しきったような深みのある声がした。しかし、秋良の瞳は裏腹に黒く淀み、闇にくらんだためにまともに見えなくなった視界はただただ目前を写し出していた。

反応されてしまい、驚いているユサに秋良は「君は、もう、したかい?」と話しかけてきた。ユサはまだ飲み込めていない様子で、咄嗟に首を横に振った。

「明日早朝にお会いしますので……その時にご挨拶させて頂こうと思っております……」

「…君には、沢山迷惑をかけたね」
「迷惑ではありません…」
(あなたの願いを聞き入れるために、私はお側にいるのです。迷惑なことなんて、なにひとつありませんでした。)

「……ユサちゃん。君に一つ、贈り物をしよう」
「美術品でも装飾品でも、何でもいい。君のために残しておこう」

唐突に不可解な事を言われて困ってしまい、秋良の顔を見た。
秋良はユサを見ておらず、ただ前方を向いている。

「……じゃあ富かい?それとも権力や、優秀な部下がいいかい?」

「まさか。こんな最期になってまで、君は何も要らないと……?」
「……そん、な」

最期、と発せられた言葉にハッとしてしまったユサは、肯定も否定も忘れ、言葉を漏らした。先程の別れの挨拶も贈り物というのも、全て、秋良との最期を示していたのだ。

「ああ……!全く欲のない子に育ったね……いや、僕は何もしていないな。君達自身の力で成長し生き延びて来たんだ。君達を眺めるだけで、何も出来ないまま……」
「秋良、様……」

どこを見ているでもない様子で、ふっ、と口を開いた。

「今日まで、ただ……手の平で踊らされていたに過ぎない……きっと、どうにもならないさ」
「秋良、さま……っ」
「これは罪だ……罪だったんだ……」
「……うっ…」
「ああ……理解したよ」
「君は。天の裁きと誘う天使だったのかな…!」
「……!!」

だんだんと大きく、声を荒げて止まない秋良を制するつもりで手を差し出したが、掴まれてしまい、引き上げられた。が、あまり力が入らなかったために胴体の上に一旦のしあげられ、ユサが体制を立て直そうと手を付いて上を見上げたときには、黒く淀んだ2つの瞳が自分の潤んだ瞳の中に写るくらい、目前に迫っていた。どうしようもない、と言うその姿が、あのとき対面した不敵な笑みを浮かべて揺らめく闇の幻影と重なり、反射的に体を引きかけてしまったが…。次の瞬間には、両手を付き、密着し、止まない唇に自身の口を押し当てていた。

「私は、悪魔ですから……」

溢れて伝った涙を舌で掬いとり、小さく口を鳴らした。実に妖艶な悪魔がそこにいた。
ろくに動いていなかったはずの2つの瞳は、自身にすり寄り誘惑した悪魔を凝視して離さなかった。固まったまま動かない青年を見つめて、じっと佇んでいる。
秋良は、久方ぶりに普段のような、しかしやけに醒めた表情をしてから、「そうだったね」と囁いた。

「私の心を、奪ってください」

赤く染まった頬に手を添え、場所を確かめるように撫でてから、再び唇に触れる。

「…ようやく。我が儘を…言ってくれたね……」

そうして、二人は永遠の闇夜へと溺れていった。




スポンサーサイト



2020-01-20