入口 > ? - ??? > 生徒会室2

生徒会室2

「……ハルくん…?」

突然の再会に、目を見開く。

「い、一体何が…」
「あーそれはですね。帰りの待ち合わせをしたのになかなか先輩が来ないので、生徒会室まで様子を見に来たんです」
「そのまま寝ていたら夜になってましたよ、良かったですね」

…彼はあの彼…ではないのか…?
僕の見知らぬ情報を早口で伝える、その彼の顔を覗いた。

顔はほぼ同一人物のようだが…。
白いYシャツの上から灰色のパーカーを羽織って…、いつもとは違う黒いズボン…。
何かの機関の服のようだな…。
手元をよく見ると、僕も気付かない内に着替えていたのか、彼と同じような、何かの機関の服を身にまとっていた。

「……ここはどこだ?」
「生徒会室です」
「僕は?ここで何をしていた?」
「…?まだ寝ぼけてるんですか?先輩は生徒会のお仕事をしていたんですよ。生徒会総選挙まで後少しだし、会長の務めを最後までしっかりやり遂げなきゃ…って力説してたの、先輩じゃないですか」
「…ああ、そうだったね…ごめんごめん……」

生徒会会長…僕はここの長で…、この子は僕の後輩…なのか。



「ところで、佐ヶ浦というのは…僕のことかい?」
「…え、そうですけど 先輩、オレに佐ヶ浦先輩って呼ばれるの嫌でした?」

秋良先輩、のほうがいいですか?と、彼は首を傾げながら付け足して言った。

「いいや、そうじゃないよ」
「ならいいですけど…」

怪しまれたか?
こういった事に慣れているとはいえ、言動に気を付けなければ。

にしても、佐ヶ浦…、僕の名字か…。
彼に先輩、と呼ばれるのも変な感じだな……。



「あの、佐ヶ浦先輩、そろそろ起きましょう 下校時間迫ってますし」
「ああ、そうしようか」

彼は、僕の事もこの場所の事も知っているらしい…。
しかし、ここに住んでいる、わけではないのか。
彼の身振りを見て、共にこの部屋を出るよう、せかしてくるのが分かった。

ええと確か。
所持品を探して手を泳がせる。
けれど、どこに置いたのか、そもそも置いてあるかどうかすら分からない。
困り果てていると、彼に指摘され、部屋の隅の机の上から僕の物であろう鞄を掴んで手渡してくれた。

「ごめんね、せっかく起こしに来てくれたのに。まだ寝ぼけてるみたいなんだ…帰り道、案内してもらってもいいかな」

この場所に見覚えがない…これがただの夢ならいいが……。

「いいですよ。あ、帰りにちょっとだけ、ケーキ屋寄ってもいいですか?新作のモンブラン食べてみたくって!」
「ああ、構わないよ」

そう笑う、久しぶりに見る彼の顔は、確かにあのハル君の顔そっくりだ。

どちらにせよ…情報が少ない…しばらくはこの子の世話にならないといけないようだ……。
この子はハル君じゃない、分かっている…無駄な思い入れはしないようにしなければ……。

スポンサーサイト



2019-05-18