入口 > 空想世界 - ダークサイド > 立会

立会

***
ここダークサイド ユサ視点のみ

倒れてしまった子供を目の前にし顔を見合わせた二人の悪魔は、どちらも落ち着かない様子だった。
突然消えてしまった魔王、そして代わりに現れた人間の子供…。
しかし、この子供が何か知っているかもしれないと思った悪魔は、
本来魔王を連れて行くはずだった屋敷に子供を連れて帰る。

ツノの生えた悪魔(レイカ)は森の湧井戸まで水を汲みに。
羽の生えた悪魔(ユサ)はベッドに寝かせた子供につきっきりで看病した。

寝ている途中、何度も呻いて吐いてしまう。

(吐瀉物には、闇のように黒く混じった何かが、おぞましい気を放っていたのを確認した。)
(そのまま写すとあれだし、
口元か何か拭く描写を入れて、布に黒い染みが付く、って感じにしよう。哀れすぎる( ) )

***



朝。目がうまく開かない。
薄目でぼんやりと光を捉えようとしていたところにユサが声をかける。

「おはようございます」
「……?」
「目が覚めましたね。ご気分はどうですか?」

「だいじょうぶ」

短いやりとりだったが、秋良はどこか懐かしさを覚える。

(ここは…。どこだ?)

頭がぼーっとしていて、周囲が見えないために勘違いをした秋良。

「本、読んでくれるかな」
「本…ですか?どんな本にいたしましょう」
(ユサ視点では、介抱のために料理とか要求されると思っていたユサ)

「何でもいい。ひとつ持ってきて」
「…えっと、少々お待ちください」

離席する断りを入れて、悪魔は別の部屋へ本を探しに行く。

そして本を手にして戻ってきて読み聞かせを始めると、秋良はすやすやと寝てしまった。



***
ここ、ユサ視点のみ

ツノの生えた悪魔がのそのそとやって来る

「起きないっぽい?」
「いえ、先ほど目を覚まされましたよ。また眠ってしまったようです」

ふふ、と小さく微笑むと、問いかけた方の悪魔は

「ふぁあ…そ。もーひと眠りしよー」

ベッドに腕を乗せて寝息を立て始めた。

「…」

何も言わずに二人を眺め、寄り添う悪魔だった。

***



夜。目が覚めた秋良は、周囲を見渡す。
ベッドを囲むように、静かに眠る二人の悪魔。
ほっとしたのも束の間。秋良は何も言わずに倒れてしまった事に危機感を抱いていた。
この二人の悪魔は自分を怪しまなかったのだろうか?
(介抱された形跡が残っているが、後で何者なのか聞かれる事を恐れている)

そして、胸の痛みで体が疼く。
今の自分の体では魔王の力を保てない事にも気が付いていた。
(女神の加護が弱まったので秋良の体が以前のように弱りかけている)

(何とか、しないと……)

静かに屋敷を抜け出す秋良。

かつて花畑があった荒れ果てた大地を通り抜け、山を越える。
空が暗闇からうっすら霞み始めた頃に、ようやくたどり着いた。

それは、白い円盤。
継ぎ目のない丸い銅に、円盤を取り付けたような形をしたものが、斜めに地面へ突き刺さっている。
秋良が見つめると、四角い切り目が入り、入り口が開く。

円盤の中にはこの世界に似つかわしくない、白く無機質な機械がいくつも備え付けられていた。
そして、その部屋の隅に置かれた白い長方形の箱に目をやる。

(これで…擬似的に長期冬眠させて………)




秋良の回想

服を脱ぎ、腕に幾何学模様が付いている服に着替える。
それは、かつて自分がいた世界の民族衣装。
この円盤に乗って世界の外へ出て、宇宙をさまよい、空想世界へと命からがら逃げてきたのだ。
しかし、辿り着いた先に待っていたのは翼をもったあの少女が語る「この世の全てが空想世界だ」という真実だった。
そうして僕は、作り物の世界で作られた、この服を着る事も無くなった。

(服に手を触れる)

今の僕は、何者なのだろう。
あの子(女神)を裏切ってしまったし。
魔王は、ちゃんと悪魔を従えることができたけど。
僕は、何も無い。
今すがれるのはこれしかない。
けど、もう作り物のあの世界の事は、あの世界の人達の事は何とも思ってないから。
きっと、忘れちゃうな…。

(四角い箱の中へ入る)




目が覚め、箱を中からずらし、起き上がる。
そこには青年がいて、青年は懐かしい誰かが背中を撫でてくれたような感覚がして手を持ち上げようとするが…。
もう思い出せず、ただただ呆然と真実を受け入れたのだった。




スポンサーサイト



2019-03-28